植毛で失敗なく男性型脱毛症(若ハゲ)を克服したい方へ

失敗しない植毛クリニック調査ガイド » 失敗しない植毛クリニックを探せ! » ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

ここでは、植毛クリニック「ヨコ美クリニック」の植毛法と、そのメリット・デメリット、失敗した場合の危険性についてご紹介しています。

日本で唯一のFUT採用の歴史ある植毛専門クリニック

日本で唯一FUT(フォリキュラーユニットトランスプランテーション)を行なっている植毛専門クリニックです。

フォリキュラーとは毛穴のことで、FU(フォリキュラーユニット)とは、1~4本の硬毛、1~2本の軟毛、皮脂腺、起立筋、そしてそれらを囲むコラーゲン線維の帯という一式を含む解剖学的単位のことです。1本毛は1本毛として、2本毛は2本毛としてそのままの生えていた状態で植毛します。

FUTの定義として以下の5つの条件が挙げられています。

  1. ドナーを採取する時にマルチブレードナイフを使用しない。
  2. すべての株分けを顕微鏡下で行なう。
  3. 全ての株は原則として1つのフォリキュラーユニットを含む。したがって1株のサイズは平均2本前後となる。
  4. 各々のフォリキュラーユニットの間の皮膚(haieless skin)は取り除く。
  5. 株を植え込む際に、スリットを用いパンチを用いない。

フォリキュラーユニットごとに移植するので高密度でロスの少ない植え付けができます。ただし、手術時間が長くなる、というデメリットがあります。

現在欧米では、約半数のクリニックがFUTを行なっているといわれています。マルチブレードナイフを使用しないので、ドナーの傷痕もそれほど心配ないと思われますが、やはり、一度に10平方センチメートル以上の頭皮を切り取るような場合、若干の懸念はあります。また、植え込みにスリットを用いることで植毛部分のかさぶたの心配があります。

1963年に開設と歴史は古く、今までにいくつもの方式を導入・経験していて、カウンセリンやアフターケアもしっかりしているようです。

ヨコ美クリニックは何位?失敗しない植毛クリニックランキング>>

 
危険を回避!失敗から学ぶ植毛クリニック選び