植毛で失敗なく男性型脱毛症(若ハゲ)を克服したい方へ

失敗しない植毛クリニック調査ガイド » 自分でできる薄毛対策 » CMで見るアノ製品の実力は

CMで見るアノ製品の実力は

発毛・育毛に効果があるという市販薬がたくさん販売されています。しかし、その科学的根拠には疑問が持たれていますし、効果についても検証されていません。

男性型脱毛症に効果的な育毛成分

現在FDAが男性型脱毛症に効果があるとして認めれている治療薬の一つにミノキシジルがあります。テレビCMを盛んに流している『リアップ』はミノキシジルを使用した第1類医薬品(医療用医薬品の中で副作用の心配が少ないなどの要件を満たした医薬品。薬剤師のいる薬局などでしか購入できない)です。

ミノキシジルは、血管を拡張して血行を良くする効果があり、高血圧の治療薬として使われていましたが、一部の人に多毛症の副作用があったことから、脱毛や発毛に効果があるのではないかと研究されたものです。しかし、その効果についての、詳しいメカニズムはわかっていません。また、効果があった場合でも、だんだんその効果は薄れてきますし、使用を中止すると再び脱毛が起きます。

もう一つがプロペシア(フィナステリド)で、初めは前立腺肥大の治療薬として開発されましたが、薄毛の人の毛髪に成長が認められました。

主な作用は、男性ホルモンによる脱毛の防止で、発毛作用はある程度認めされますが、毛が細くなったり抜けたりするのを防ぎ、現状維持に効果を発揮する薬です。プロペシアは経口の医療用医薬品ですので、医師の処方のもとで使用されます。

このように書きますと、ミノキシジルで発毛して、プロペシアで現状維持をすれば薄毛は治る、と思われますが、ミノキシジルによる発毛効果は薄毛が解消されるほど発毛するものではありません。発毛が少ないのですから、プロペシアによる現状維持も問題の解消にはいたりません。また、このような医薬品は、その効果に個人的な差がありますので、全ての人に効くというわけではありませんし、やめれば元に戻ってしまうものです。

 
危険を回避!失敗から学ぶ植毛クリニック選び