植毛で失敗なく男性型脱毛症(若ハゲ)を克服したい方へ

失敗しない植毛クリニック調査ガイド » 知っておきたい植毛の失敗例

知っておきたい植毛の失敗例

意外なことに、植毛技術は日本人が開発したのです。それがアメリカにわたって進化し、今は世界中で薄毛対策の主流となったということです。世界中の髪の毛の薄い人に恩恵を与えているとは、日本人として何か誇らしい気持ちになりました。

自毛による植毛は、成功すれば自分の毛として一生伸び続けます。これは、毛が薄くなってきた人間にとってはとてもうれしいものです。

良いことばかりだと逆に不安なので、失敗例を探してみました。

  • 移植するために髪を切り取った部分の傷が目立ったしまっている。
  • 移植した部分にカサブタができて、赤くブツブツになってしまった。
  • 自毛と移植の境目がはっきりと分かる。
  • 植えた後にムラができたり、髪の流れが不自然だ。

そして、たまに自分の毛が抜けてしまう、ショックロスというのも起こるようです。

こういう失敗は植毛技術の問題が大きいようなので、慎重にクリニックを調べました。事前にカウンセリングも受け、どんな技術があるのか聞いてたりしました。私はそれで安心して手術をしました。

 
危険を回避!失敗から学ぶ植毛クリニック選び