植毛で失敗なく男性型脱毛症(若ハゲ)を克服したい方へ

失敗しない植毛クリニック調査ガイド » 知っておきたい植毛の失敗例 » カツラのほうが良かった?

カツラのほうが良かった?

植毛に失敗すれば、当然カツラのほうが良かった、と思われます。

自毛植毛は自毛を使うのでを安全で安心な植毛法で、移植した毛髪は95%の確率で定着するといわれていますが、逆にいうと5%は失敗していることになります。

失敗しないためには植毛クリニック選びが重要

その他に、まれにショックロスという現象が起こることがあります。手術の1~2ヶ月後に、植毛の影響で既存の毛が抜けてしまう現象です。ドナー採取でスリットを入れるので、血行などの変化により一時的に頭皮の環境が変わってしまい既存の髪が休止期に入って抜けるのが原因といわれています。

ドナー採取後に傷跡が残って頭がつっぱているような感じになったり、外見上でも、その傷跡がはっきり見えたり、移植したところの頭皮に凹凸ができたりすることがあります。

また、毛髪が定着したとしても、髪の質や外見を無視した不自然な仕上がりとなったりすることもあります。ただ単に髪が生えてくるというだけでは意味がありませんから、これも失敗といえるでしょう。さらには、必要のない手術をされたりすることがあります。

植毛は手術をしてから3ヶ月くらいで毛髪が再生しますが、その間、頭に違和感があったり、外見上もチグハグなところが見えたりします。そして、毛髪の生え方や量は、植毛した人の考え方や期待感によって満足度が違ってきます。そうなると、カツラのほうが手軽だし、自分の好みに合わせたヘアスタイルにもできるし、その方が良かったのではないかと思われたりします。

このような事態にならないために、クリニックを選ぶことが大切になります。事前のカウンセリングは十分にされているか、どのような方式で行なわれているのか、技術は確かなのか、アフターケアはどうなっているのか等々をよく調べて、自分が失敗例にならないようにするため、クリニック選びは特に大切になってきます。

 
危険を回避!失敗から学ぶ植毛クリニック選び